伏魔忍鬼 シラハギノ【ファイターズコレクション2017:トリプルレア】ヴァンガード公式【20170307】今日のカード



伏魔忍鬼 シラハギノ【ファイターズコレクション2017:トリプルレア】ヴァンガード公式【20170307】今日のカード

ヴァンガード公式サイトの「今日のカード」にて、

伏魔忍鬼 シラハギノ

が公開されました。

ヴァンガード開発部からの一言!!

今日のカードは、5月12日(金)発売の「ファイターズコレクション2017」より、《むらくも》のGB1を持つGガーディアン「伏魔忍鬼 シラハギノ」と、このGガーディアンをコールするコストとして手札から捨てた時に能力を発動するヒールトリガー「秘事の忍鬼 ハギノ」をご紹介。

秘事の忍鬼 ハギノ【ファイターズコレクション2017:ダブルレア】ヴァンガード公式【20170307】今日のカード

『ファイターズコレクション2017』収録のGガーディアンはそれぞれ、GB1と『裏のGガーディアンを表にする』の共通の能力を兼ね備えている。通常のGガーディアンと比べ、「使用可能タイミングが遅い」、「コストとしてGガーディアンを表にするのでファイト中のGガーディアンの使用回数が減る」という制限がある分、通常のGガーディアンよりかなり強力な能力、強固な防御力を持っている。まさにスペシャルなGガーディアン!
そして、『ファイターズコレクション2017』収録のヒールトリガーは、全クラン共通で、『ファイターズコレクション2017』収録の同じクランのGガーディアンをコールするコストとして、手札から捨てた時に能力を発動する! 手札入れ替えやコスト回復など、クランによって様々な能力を持っている。

WS208719

「伏魔忍鬼 シラハギノ」は、登場した時、カウンターブラスト1とGゾーンのGガーディアンを1枚表にすることで能力発動! そのターン中、グレード3以下のガーディアンが退却した時、そのカードを山札の下に置く能力を与えつつ、自身のシールドを+10000できる。そのターン中、なので「シラハギノ」をコールした以降のバトルでも有効だ。
《むらくも》は山札から同名を呼ぶことが得意なクランでもあるので、山札にカードが戻る能力は心強い。トリガーも戻せるので覚えておこう! さらにシールドも25000まで上昇するので、「シラハギノ」だけで大体の攻撃を凌ぐことができる。

今後もレジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』と『ファイターズコレクション2017』収録カードを続々紹介予定! お楽しみに!

ユニット設定

カードゲーム事務局WEB出張版

Q:「秘事の忍鬼 ハギノ」は、「伏魔忍鬼 シラハギノ」以外のGガーディアンをコールする際、コストとして捨てることはできますか?
A:はい、できます。

Q:「伏魔忍鬼 シラハギノ」は、表のGユニットがいない時にコールすることはできますか?
A:はい、できます。ただしGB1を満たしてはいないので、能力を発動することはできません。

Q:表のGガーディアンが3枚ある時に、「伏魔忍鬼 シラハギノ」の効果でGガーディアンを表にする能力は発動できますか?
A:はい、できます。

 VG【ファイターズコレクション2017】収録カードリスト情報まとめ!

<Sponsored Links>



コメントを残す