覇天皇竜 ボーテックス・デザイア【レジェンドデッキ 櫂トシキ:構築済み】ヴァンガードG収録カード情報



覇天皇竜 ボーテックス・デザイア【レジェンドデッキ 櫂トシキ:構築済み】ヴァンガードG収録カード情報

ヴァンガード公式サイトの「今日のカード」にて、

覇天皇竜 ボーテックス・デザイア

が公開されました。

ヴァンガード開発部からの一言!!

さて、今日ご紹介する新情報は、3月18日(金)発売の『The Overlord blaze Toshiki Kai』からGユニットをご紹介!
「覇天皇竜 ボーテックス・デザイア」は、自身とハーツの種族を参照する、ちょっと変わった能力を持つぞ。
アタックしたときに、まずコストとしてGゾーンのカードを1枚表にしよう!
(これはテキストでは一応コストだが、次のターンにGB2を達成できるようになるメリットがある。ヒット時に払うコストではないのも大きな利点だ!)
……コストを払ったら、アタックヒット時に「ヴァンガードサークルにある〈フレイムドラゴン〉の数だけ相手リアガードを退却」!
つまり、
「自身と、ハーツの〈フレイムドラゴン〉の数をカウントする」
という能力なのだ!
ハーツがレギオンしており、両方が〈フレイムドラゴン〉ならば、3体退却させることができるぞ!

ユニット設定

帝国二大柱軍の片翼“かげろう”に所属する猛将が1人、「ボーテックス・ドラゴン」の未来における1つの可能性。
この未来では、かつて特殊部隊《煉獄》を率いた「ドラゴニック・オーバーロード」が上層部への昇格を受諾しており、
彼に推挙されたボーテックスが、後任として《煉獄》の隊長を務めている。

就任当初は長職に相応しくない猪突猛進な行動が目立っていたが、ある戦を期に彼は一変したという。
その戦――この世界では「炎海戦役」と呼ばれる――において、明確な作戦を立てていなかったことが
仇となり、彼は多くの部下と仲間を失うことになった。

今までの彼であれば怒りに我を忘れ、思うままに力を振るって戦況を打破しようとしただろう。
しかし、このときの彼は違った。その場の判断で自部隊を立て直し、各所との連携の回復に努め、
1度は落ち込んだ兵たちの士気を取り戻した後、見事敵軍を撤退へと追いやったのである。

ありのままの自分を理性で抑え込み、我欲を制御する――言うは易く行うは難し。
《煉獄》の先陣として荒れ狂った炎渦は、今や《煉獄》そのものを率いる頼もしい炎嵐となった。
大地を焼き尽くすのは渦竜の炎に非ず。渦竜に付き従う者たちの――《煉獄》の炎也。

 レジェンドデッキ【櫂トシキ】収録&最安予約情報まとめ!

<Sponsored Links>



コメントを残す